薬による治療

ここでは足首の痛みの治療、薬物療法について説明していきます。

薬による治療には、外用・内服・注射の3つの方法があります。しかしながらこれらだけで原因疾患が完全に治るということはありません。
薬による治療は原因疾患を治療しているわけでなく、足首の痛みを抑える対症療法でしかありません。

sponsored link



【用途によって使い分ける】

まずは外用薬を選択することが基本となります。外用薬には塗り薬と湿布剤があり、患部に直接使用します。塗り薬は効果が強い上、靴下や靴を履いていても違和感無く使用できますが、効き目が持続しづらいので外出時などで不便なのが欠点です。湿布剤は効果も高いですし効き目も半日から一日と長く持続しますが、靴下や靴を履いて歩くと違和感があり、走ったりすると中で剥がれてしまっていることもあるのが欠点です。どちらも都合のいいように使い分けることが必要でしょう。

内服や注射の場合は即効性も高いのですが、炎症が激しく外用だけでは鎮痛出来ないといった程度の重い状態においてのみ行うことになるでしょう。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 足首の痛みの治療

⇒ テーピングとサポーター

⇒ 効果的なツボ

⇒ 何科の病院?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
asikubinoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。