痛風

ここでは足首の痛みの原因となる、痛風について詳しく説明しています。

痛風とは、高尿酸血症が進行して起こる病気です。血中の尿酸値が高い状態、すなわち高尿酸血症が続くと次第に尿酸が結晶化し、その結晶は関節内に沈着します。そして関節内を遊離する(離れる)際に、発作的に関節炎が発生します。出来た結晶は先端が尖っている為、激しい痛みを引き起こしてしまうのが痛風の特徴です。

sponsored link



【痛風の特徴】

痛風の直接の原因は高尿酸血症が進んで尿酸が結晶化することですが、これは主にプリン体を多く含む食事を摂る事が原因となります。プリン体を多く含む食品は、ビールに代表されるアルコール類(ワインは尿酸値を下げるという報告有り)、レバーや赤身魚、牡蠣や白子などが挙げられます。他にも肥満、疲労やストレスなども原因の一つとされています。

痛風の症状は、発作的に現れる関節の激しい痛みです。痛みは指先や指の付け根に現れるのが大半ですが、手首や足首、肘や膝などにも症状が現れることがあります。基本的に一度の発作では同時に2か所に症状が現れることは少なく、ほとんどが1か所のみに現れます。

【痛風の治療】

痛風を治すには、「尿酸値をコントロールする食事」や「肥満、疲労やストレスを溜めないよう生活習慣の改善」が基本となります。痛みに対する対症療法を続けるだけで自然に治る病気ではありませんので、根本的な原因となる尿酸値を上げないことが重要となります。それに合わせて対症療法としては、発作前と発作中に薬を服用します。発作前にはコルヒチン、発作中には主にインドメタシンなどの非ステロイド薬、効果が少ない場合はステロイド薬を用います。
痛風の治療期間はある程度長いスパンで治療していく必要があります。というのも尿酸値を急激に下げると、逆に痛風発作が現れてしまうからです。尿酸は徐々に正常値に戻していき、肥満やメタボなどを解消する為にも継続した治療期間を経ないといけません。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 関節リウマチ

⇒ むくみ・浮腫

⇒ 足首の痛みの治療

⇒ 何科の病院?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
asikubinoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。