テーピングとサポーター

ここでは足首の痛みの治療について、テーピングサポーターを用いた固定療法について説明していきましょう。

足首の痛みにはテーピングを使用することで効果が期待出来ます。巻き方は用途に応じて様々です。テーピングで長時間固定することで矯正し、痛みや変形に対する治療を目的とします。
テーピングでの治療の効果は個人差はありますが、早期治療であればほぼ100%の方が完治が目指せるでしょう。

sponsored link



【テーピングの巻き方】

ここでは痛みに対して効果のあるテーピングの巻き方をご紹介致します。
@1本目のテープは足の小指の外側から貼り出し、足の裏を斜めに内側のかかとへ向けて伸ばします。かかとの後方で巻き込んで今度は親指の下辺りへ向けて土踏まずをなぞりながら足の甲まで伸ばして切ります。
A2本目のテープは土踏まずに対して横向きに一周させます。土踏まずの外側から内側に向けて貼り出して、かかとの少し上辺りを巻きます。
B3本目のテープは2本目の上を3分の1ほど重ねながら貼ります。
C4本目のテープは足の側面を一周させます。親指の付け根辺りから貼り出し、側面を通してかかとを巻き込みます。小指側の側面を小指の付け根まで伸ばして切ります。
この4本で完成です。

sponsored link



【足首のサポーター】

足首のサポーターも色々な形状のものが市販されています。足首回りを保護するモノや、足指の指間に挟んで足先全体をサポートするモノ、母趾球から小趾球にかけての横アーチ部分をサポートするモノなどがあります。
テーピングよりも容易に装着することが出来ますが、テーピングは自分の足の形状に合わせて貼れるのに比べ、サポーターはしっかりと自分に合うものを見つけることは難しいかもしれません。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 足首の痛みの治療

⇒ 薬による治療

⇒ 効果的なツボ

⇒ 何科の病院?

sponsored link




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



[当サイトへの問い合わせ]
asikubinoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。