足根管症候群

ここでは足首の痛みの原因となる、足根管症候群について詳しく説明しています。

足根管症候群とは、かかとの足の裏を通る後脛骨神経が圧迫や損傷を受けることで足首や足の指先、かかとや足の裏にしびれや痛みを起こす疾患です。手のしびれや痛みを起こす代表的な疾患である手根管症候群と症状や病態も良く似ています。手根管症候群が正中神経に圧迫や損傷があるのに対し、足根管症候群は後脛骨神経に圧迫や損傷があるものです。

sponsored link



【足根管症候群の特徴】

足根管症候群の原因は、主にガングリオンや下肢静脈瘤などが挙げられます。ガングリオンとは関節に出来る良性の腫瘤のことで、どちらかというと女性に多く見られます。下肢静脈瘤とは足の静脈がボコボコと膨らむ病気で、こちらも女性に多いのが特徴です。他にもサイズの合わない靴を履いていることや、走る機会の多いスポーツの場でも足根管症候群の方がしばしば見られます。
症状としては、足首や足の指先、かかとや足の裏にしびれや痛みを起こします。立ったり歩いたり、特定の靴を履くことで症状が強く現れます。安静にしていると症状は和らぎますが、安静にしていても痛みがある場合もあります。

【足根管症候群の治療】

足根管症候群の治療は、まず後脛骨神経を圧迫している原因を取り除くことが求められます。靴の中にインソールを入れて後脛骨神経の圧迫を防いだり、場合によっては手術が必要となる事もあります。しびれや痛みに対しては、ステロイド薬と局所麻酔薬を併用して対応します。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 痛風

⇒ 後脛骨筋腱機能不全症

⇒ むくみ・浮腫

⇒ 薬による治療



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
asikubinoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。