ハイアーチ

ここでは足首の痛みの原因となる、ハイアーチについて詳しく説明していきましょう。

ハイアーチとは凹足(おうそく)とも呼び、足の形が凹型に極度に変形した状態を言います。足の甲が高くなり、アーチが大きく湾曲している状態です。偏平足とは全く逆ですね。
偏平足が疲れやすいというのは先にご紹介していますが、実はハイアーチでも同じように疲れが溜まりやすくなります。しかも偏平足よりも負担がかかる場所が集中するため、痛みが発生しやすいのも特徴です。

sponsored link



【ハイアーチの特徴】

本来の緩やかなアーチを描いた状態であれば、足裏がクッションの役割を果たして衝撃を吸収してくれるのですが、湾曲が激しいと衝撃の吸収が上手く出来ずに負担が狭い面積に集中するのです。また、単なる足の変形だけでなく、筋ジストロフィーなどでも見られる症状です。
タコや魚の目も必ずといっていい程出来るのが特徴です。

【ハイアーチの治療】

治療はまず、タコや魚の目を取り除くことから始まり、負担が集中することを避けるために足型に合った靴を用意します。適度に運動もして、周辺の筋力を強化をしたりマッサージをすることも重要です。歩き方や姿勢の矯正も効果があるでしょう。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 外反母趾

⇒ アキレス腱炎

⇒ 足底筋膜炎

⇒ 偏平足



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
asikubinoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。