捻挫や骨折などの外傷

ここでは足首の痛みの原因となる、捻挫靭帯損傷脱臼骨折などの外傷について詳しく説明しています。

【足首の捻挫と靭帯損傷】

足首を怪我する場合に一番多いのは、捻挫です。そもそも捻挫とは関節周辺を損傷、関節の可動域を超えた時に起こる損傷を言います。もちろん足首以外の大小関わらず、関節であれば捻挫は起こります。
足首を捻る方向は足の裏を体の内側に向けて捻ることが大半で、足首を捻った時に軽い程度のものであれば外側の前距腓靭帯が伸びた状態、少しひどいものになると何本かの繊維が切れてしまった靭帯損傷の状態になってしまいます。しばらくすると痛みと共に腫れて体重をかけられなくなってしまうことがあります。さらにひどい時は靭帯を完全に切ってしまった靭帯断裂の状態になり、体重をかけられないどころか内出血を起こし激しい痛みを伴うこともあります。

sponsored link



【足首の脱臼】

そして激しい衝突などの際には、関節自体が外れて機能しなくなってしまう脱臼をしてしまうこともあります。脱臼とは、骨と骨を繋ぐ可動部関節が完全に外れた状態のことで、関節が外れかかってる、又は自分で整復できた状態のことを亜脱臼(不完全脱臼)といいます。

脱臼は「関節包外脱臼」・「関節包内脱臼」の2種類に分類されます。関節包外脱臼は、骨が関節を覆っている関節包靭帯を破り、関節包の外へ出ている状態のことをいいます。関節包内脱臼は、骨が関節包の中にとどまった状態のことをいいます。
当然のことながら、脱臼している状態では歩くことはもちろん立つ事さえままならない状態となります。

sponsored link



【足首の骨折】

最後に骨折についてです。骨折とは骨が折れるという名の通り骨が折れてしまうことです。しかし骨が折れるといっても色々な折れ方があり、骨折には様々な種類があります。
横骨折・・・まっすぐ横に折れた状態。
斜骨折・・・骨の向きに向かって斜めに折れた状態。
螺旋骨折・・・ねじったように折れた状態。
亀裂骨折・・・ひびが入っていて、骨自体は繋がっている状態。
陥没骨折・・・骨がくぼむようにして変形した状態。
圧迫骨折・・・骨が押し潰されるように変形した状態。
剥離骨折・・・骨の一部分が剥がれた状態。
粉砕骨折・・・骨がバラバラに砕けてしまった状態。
また、骨だけが折れる単純骨折、骨以外の組織にも損傷が見られる複雑骨折のように、損傷を受けた組織の状態によっても分類されます。さらに主に足首のオーバーユース(使いすぎ、酷使)や老化による骨の強度の低下によって起こる疲労骨折というものもあります。
同じ骨折という怪我でも、これだけの種類の骨折があるのです。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 偏平足

⇒ 外反母趾

⇒ 足首の痛みの治療

⇒ テーピングとサポーター



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



[当サイトへの問い合わせ]
asikubinoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。